学習支援

【日本の農業の歴史パート1】「農業の起こりと”くに”」~あれ、めんどくさいと気づいた日~

 皆さんこんにちは。KreiAgriの設楽です。今回から農業の歴史についてつらつらとまとめていこうと思います。

学校などでは詳しくは扱わない分野でもあるので、興味のある方は見ていってください。もし間違い等がございましたら、コメント等でお知らせください。

 

農業の起こり

人類が生きていく上で、必ず必要なことは食べることです。そのため、世界中で広がっている農業は、果たしていつからどこで始まったのでしょうか?

それは、現段階で見つかっている最古の農業の痕跡は、23,000年ほど前のものが発見されているそうです。驚きですね。では、日本はいつごろから農業がスタートしたのでしょうか?
(いつ日本人が「あれ、狩りに行くのがめんどくさい」と気が付いたのでしょうか?)

縄文時代後期には、九州地方北部で農業が始まっていたそうです
(教科書等には、弥生時代から農業(稲作)が始まったとされていますが、正確には、縄文時代に始まり、弥生時代に本格的に広まったそうです)。

ちなみに縄文時代後期は、一般的に約3,300-4,500年前になります。こちらも驚きですね。弥生時代の前半には東北地方まで伝わってきたと考えられています。

縄文時代は、狩猟採集が中心だったのに対し、弥生時代は、農業(稲作)が中心に変わっていったのです。ここで土器を見てみると、縄文土器と弥生土器の特徴が大きく異なることがわかります。

深鉢形土器(火焔型土器) 縄文中期 新潟県十日町市笹山遺跡出土
wikipediaより

縄文土器は日常生活では使いにくそうですよね。おそらくその頃の子供は、土器の端っことか割って、毎日お母さんに怒られていたことでしょう(笑)

台付壺形土器 弥生時代(後期)・1〜3世紀 愛知県名古屋市熱田区高蔵町熱田貝塚出土
wikipediaより

一方弥生土器は、割れそうなところが少ないので、日常的にも使いやすそうです。これなら子供も怒られないで済みそうです。

この土器の違いから大陸との交流があり、大陸から農業(稲作)が伝わってきたとされています。

 

農業から見る生活の変化

縄文時代は、狩猟採集が中心ということもあり、小さなコミュニティで事足りていましたが、農業を本格的に始めた弥生時代は、大きなコミュニティを形成しました。

なぜ大きなコミュニティが必要になったかというと、当時は機械などありませんから、人力のみで農業を行っており、多くの人手が必要になったからではないかと考えられています。

農業やるのに、少ない人数でやるの、めんどうくさいな」と感じた瞬間でした。

こうして大きなコミュニティになっていくと、持つ者、持たざる者による「貧富差」が生まれ、集団のリーダーとその他の「上下関係」が生まれ、集落同士の「争い」も増加したと考えられています。

そして、敵の襲撃などから集落を守るために「環濠集落(かんごうしゅうらく)」というものが出現しました。

奈良県大和郡山市稗田町に現存する環濠集落。
wikipediaより

強いコミュニティが、弱いコミュニティを吸収しながら大きくなっていき、「くに」というとても大きなコミュニティへと発展していきました。

くに」のリーダーが、として君臨していく時代になっていきます。

 

農業道具

農業を行うにあたり、「素手じゃきついなぁ」と気づく人が続出し、道具ができ始めます。弥生時代には、木製のくわやすきなど基本的道具はもちろんのこと、画期的であっただろう「石包丁」が登場していきます。

京畿道楊平から出土した青銅器時代の石包丁
国立中央博物館より

 

また「やばい!食べきれないほどできっちゃった」みたいなこともあってか、保存する技術も進歩していきます。それが、高床倉庫(高床式倉庫)です。

湿気、降水の多い日本では、床を高くし、保存していました。川の氾濫や湿気対策もきちんとできていました。

極めつけに、ねずみ返しといわれるものもあり、ねずみ対策もばっちりです。このころからねずみ対策ように猫が家畜化されたようです。

この形状のねずみ返しは、東南アジアやヨーロッパでも確認されているようです。人間の思いつくことは、似ているのか、はたまた、このころから世界がつながっていたのか不思議なものですね。

 

まとめ

・日本人が、狩りに行くのが、めんどくさいと気が付いた:縄文時代後期
・日本人が、少ない人数でやるのめんどくさいと気が付いた:弥生時代

そこから、拡大を続け、「くに」という概念が登場し、「くに」のトップを王と呼ぶようになった。

以上でパート1修了です。ご覧いただき、ありがとうございました。