農業

切っても切れない自然災害!農作物を病気や生育不良から守る方法

台風10号や昨年の東日本台風、年々大型化する台風の影響で露地栽培では農作物を傷めてしまい、泥はねによって病気を蔓延してしまうことで、農家に大損害を与えてしまいます。台風の性質を知り、対策を行うことで被害を最小限に食い止めることができます。

台風前後に行う雨・風対策、病気対策

まずは台風の進路、規模を知っておくことが重要です。また、進路を確認して台風の中心から逸れていても、台風の東側に位置する場合、最も風が強く、被害が発生しやすいので注意が必要です。

台風前に行う対策


台風で農作物に被害が出るのは、強い風にあおられて農作物が傷むこと、雨によって病気が蔓延することです。
特に植え付けたばかりの秋冬栽培の野菜苗は強風で折れやすく、その折れた傷口から病原菌が入り、傷みやすいです。
また、局地的な大雨や低い場所の圃場は冠浸水しやすく、根が酸欠状態になり苗が全滅してしまうこともあります。なので台風の到来が予見されたら必ず対策を行いましょう。

草丈の低い作物は風害、海に近い地域では海水による塩害を防ぐために、通気性のある被覆資材などで全面を覆う、草丈の高い作物は支柱を立てて補強しましょう。
強風のときは深水管理にして稲の振動を抑え、倒伏(とうふく)や振動によるくず米の増加などを軽減します。また、深水管理は、フェーン現象などによる水分不足で発生する白穂や青枯れを防止します。
冠水の恐れのある地域では、スムーズに排水ができるように排水路のゴミは取り除きましょう。
台風によってできた傷口から雑菌が入りこみやすくなるので台風の通過前にも農薬を散布しましょう。

またビニールハウスなどの施設栽培では、飛来物によってビニールやガラスが破損することがあるので、ハウス周辺に放置しているものを片付け、施設内に破損箇所が無いか確認し補修をしておきましょう。
作物が植え付けられていない場合は、ビニールを外して骨組みのみにして被害を最小限に抑えるようにしましょう。

台風被害後の復旧・対策

稲の一部でも水面上に出るように、一刻も早く排水します。圃場から排水されるように、排水路にある台風で運ばれたゴミを取り除きましょう。排水して、穂についている籾の発芽を防止します。
冠水した稲は、水分調整機能が低下し、水分を失いやすくなるので、収穫・乾燥時に注意しましょう。冠水後は、病害虫(いもち病、紋枯病、白葉枯病等)の被害が発生する可能性が高くなるので、田んぼを見回って早めに防除することが重要です。
高潮で海水が流入した場合、まず、海水を排水し、川の水などで散水して茎葉に付いた塩分を洗い流しましょう。
ビニールハウスなどの施設栽培では、作物とハウスに被害が及んでいないか確認します。
台風シーズンには次々と台風が発生するので、修理が間に合わない場合、次の台風でさらに大きな被害となるため速やかな修理が必要です。
台風が過ぎ、晴れて温度が急激に上がる前に開口部を開け空気を入れ替えましょう。急に強日射にさらされると作物に萎れや傷みが発生するため、遮光ネットなどをかけ対策しましょう。

最後に

台風の対策は雨や風以外にも、病気の発生を防ぐ事前の農薬散布などの準備を入念に行うことで、作物や施設の被害を最小限に抑えることが重要です。
次々とやってくる台風シーズンは、速やかに次の台風に備えることを忘れずに、台風通過後も油断することなく病気の発生を未然に防ぎ、作物の生育が悪くならないようにしましょう。
台風による被害は近年、農作物だけではなく人の命にまで大きく関わってくるようになりました。自分や家族の命が最優先にし、生きることが重要です。